月別アーカイブ: 2021年4月

デイキャンプで褒めてくれた保育園の先生

子供が初めて保育園でデイキャンプをした時、テントを園内に貼って、そんなバイリンガルスクールでは神戸からにしても保育園の畑で栽培している野菜を使って園児や先生方と一緒にお料理を体験しました。子供は普段からスライサーを使ったり、料理のお手伝いをしていたので、上手にじゃがいもの皮むきをすることができ、保育園の先生は子供のことを褒めてくださり、とても上機嫌で保育園から帰宅してきました。ちょっとしたことでも保育園の先生は大げさすぎるほど褒めてくださり、ほんのホームページ制作を少し神戸へもってから子供にとって大きな自信へとつながります。保育園はアットホームな小さな園ですが、面倒見がよくて子供の個性や性格など、しっかり先生方が把握してくださるし、料理をしたり色んな経験ができたので、保育園生活は充実していました。しっかり保育園で昼寝もするし、集団生活の中で家では出来ないような経験ができ、そしてデイキャンプではノビノビと過ごせたことで、楽しい1日になったようです。口コミで評判クリニックを探すメディカルゲートをかなり充実した時間を過ごすことができ、保育園の先生と仲良く過ごせたことに子供は上機嫌でした。カレーを作って食べたようで、皆、お手伝いをしながらデイキャンプを楽しみ、そしてテントの片付けも行うなど、かなり充実した1日を過ごすことができました。

弟の先生の言葉

私と弟は9歳離れていて、多くはエレメンタリースクールからこんなに神戸でも弟は生まれた時から可愛くて可愛くて仕方がなかった。家族のために働いていてあまり帰ってこない父。育児があり仕事は日数を減らしていたが時々夕飯作りが辛そうな母。それを見ていたら私も何かしなきゃ自然にミルクもオムツ替えも離乳食作りも出来るようになっていた。9つ下の弟が保育園に通う時には私は中学生で、部活もあり、なかなか帰宅が遅くなることも多くなった。それでも、両親がお迎えに間に合わない日は私が迎えに行っていた。友達との遊びの約束や、先輩の誘いも断っていて、胸にチリチリと痛むものがあったが見て見ぬふりをしていた。そんなとあるテスト期間中の学校が早く終わった日、いつものようにお迎えに向かう片手には翌日のテスト対策集を握り締めていた。
宝塚市で根管治療ならおすすめはここでといっても夜遅くまで勉強したが、それでも隙間時間に勉強した。いつものように、担任の先生な挨拶がてら、お迎えに来た旨を伝え、弟を待っていると、そのまま職員室に案内された。わけがわからず、弟が何か問題を起こしたのか、逆に弟がトラブルに巻き込まれたの焦った。先生は、家に帰って面倒みたら勉強出来ないだろうから、他の園児達がみんな帰るまでのあと30分、良ければここで勉強していってと言ってくれた。知らず知らずに苦しさを抱えていたことを、お迎えに行っていたことから気付いてくれていたようだった。可愛い可愛い弟を嫌う手前の精神だったと今なら思える。あの時声をかけてくれた先生、本当にありがとうございます。今は少し生意気だけど、相変わらず可愛い弟です。

今までどうもありがとう先生

いつも泣いていた女児のAちゃん。あんなに神戸でインターナショナルスクールというともとても遠いところからわざわざ車で登園しています。3年保育で入ってきました。本当によく泣く子でフリーとして働いていた私は、いつも一緒にウサギを見に行ったり、お散歩したりしていました。
メディカルゲートで出会える理想のクリニックとも次第に幼稚園に慣れて、私と一緒に過ごす時間よりも友達と過ごす方が楽しく思えたようで、私のところにはあまり来なくなりました。年長になると、友達や担任の先生と一緒に楽しそうに過ごし、毎日を過ごしていました。この奈良で大和高田の保育士を求人で探すには卒園前になると、ふと「よく泣いていたAちゃんがもう小学校かあ。早いなあ。」なんて思いながら、卒園式の練習を見ていました。
そして、卒園式当日、無事に式を執り行いました。そして、たくさんのおめでとうの言葉や写真を撮ったりと幸せな時間をみんなで共有していると、ふとAちゃんとご両親が私のところへやってきました。
保護者の方は号泣して、私に話をしてくれました。
この口コミの奈良を保育園からは見つけるとは「実はここの幼稚園に入園することを決めたのは、先生がいたからなんです。入園説明会の時に、いろんな質問をしても、にこやかに答えてくださり、笑顔がたくさんあって、ここに通わせたいと思い、毎日車で30分かけて登園しました。本当に登園させて良かったです。」とのことでした。
神戸のインターナショナルスクールといえばもうそれを聞いて、普段から笑顔と心がけていることが、このような形で届いていたことが本当に嬉しくその時、これからも頑張っていこうと思いました。

保育園の先生にサッカーの面白さを教わった

小学校、中学校、高校、大学、そして現在も、こんなバイリンガルスクールでは神戸のどこにか一貫して一つの趣味があります。それはサッカーです。実力はと言われれば、決してうまくはありませんが、プレイするのも、また観戦するのも、ゲームでプレイするのも、本当に楽しいんですよね。今の自分の生活からサッカーを取り上げられれば、きっと面白くない人生になるでしょう。それくらいなくてはならない存在になっています。で、このサッカー、何がきっかけでのめりこんだかというと、保育園の時の先生です。通っていた保育園に、めちゃくちゃサッカーがうまい先生(男性)がいて、その人にいろいろと教わったというわけ。何やら、プロに手が届くようなところまでいったほどの実力の持ち主で、性格もすごく優しかったし、見た目もロン毛でかっこよかったのを覚えています。同年代の女の子たち(といっても保育園児ですがw)も、みんなキャーキャー言ってたっけ。そういうのもあって、この先生にあこがれるようになり、同時にサッカーにも興味を持つようになったのでした。メディカルゲートがおすすめするクリニックはそこに残念ながらプロになる夢はかなえられませんでしたが、サッカーという何にも代えがたい趣味に出会わせてくれた先生には心から感謝しています。いつの日か、一緒にサッカーしたいですね。